ネットワーク構成図自動作成「autoMap」

「codima toolbox autoMap」は、自動的にネットワーク機器(スイッチ、ルータ等)やPCなどのネットワーク構成図を作図するツールです。
IT資産管理にも役立てることができる製品です。

導入メリット

  • 低コストで導入と運用が簡単、労働時間と管理コストが削減
  • 多彩なビジュアルでネットワーク構成図が自動作成
  • 一目で全体のネットワーク構成が把握
  • Microsoft® Office® Visio® のデータファイルとして保存、有効活用が可能

主な特長

  • 100%に近い発見効率のディスカバリーエンジンでネットワーク上の機器を自動検知
  • Microsoft® Office® Visio® で自動作図、ネットワークを可視化
  • Office Visioの画面からアセット情報などのデータベースに直接アクセス
  • アセット管理、トポロジー管理などネットワークサポートの業務効率アップとコンプライアンス対応の必須ツール

機能特長

便利な自動機器探知と、さまざまなレベルのネットワーク・トポロジー作図

自動作成されたVisio viewsをクリックするだけで、さまざまなレベルのネットワーク図を抽出することができます。
【対応トポロジー】
ネットワーク・インフラトポロジー / Layer2 トポロジー / Layer3 トポロジー / サブネットトポロジー / VLANトポロジー / トランクトポロジー

ドリルダウン機能

Visio画面のユーザーインターフェイスで直感的にドリルダウン機能を使用できます。

過去の検索データとの比較表示機能

過去のディスカバリーデータと比較し変更箇所を識別表示します。
スケジュール機能と合わせて定期的に過去データと比較することもできます。

検索機能

機器にインストールされたアプリケーションや、ホットフィックスのバージョン状況を検索・表示します。
検索条件を指定することで、特定のソフトウェアがインストールされた機器を表示することもできます。

HTML形式レポート機能

スイッチが使われているポートの数と、各ポートの使用状況をパーセンテージで表示します。
レポートはHTML形式で作成されます。

機器の製造メーカ、機種、サブネット別のレポートも表示します。レポートはHTML形式で作成されます。

ハードウェア・ソフトウェア システム要件

推奨スペック
■ CPU : 2GHz 以上
■ メモリ : 2GB 以上
■ グラフィックカードメモリ : 16MB 以上
■ ディスク容量 : 4GB 以上
■ OS : 
 Microsoft Windows XP® Professional,
 Microsoft Windows Vista®, 7(32/64bit)
 Microsoft Windows 2003 Server®

必須ソフトウェア
■ Microsoft Office Visio 2007 Edition / 2010 Professional
 ※Visio®は、autoMapをご使用になる際は必須です。